・代表挨拶


はじめまて、横道建築企画代表の横道清英です。

私は1991年に、それまでエンジニアとして勤務していた製造業の会社を退職し、大工の見習いになりました。ハウスメーカーの下請けや、地場工務店で元請けの経験を積み、2000年に独立、2002年に二級建築士事務所・横道建築企画を開設し今日に至っております。この間バブル景気の崩壊、リーマンショックなどの荒波にもまれ、常に順風満帆とは行きませんでしたが、息子たちの野球チームや消防団、PTAなど、地域活動を通じて巡り合った地元の皆様にかわいがって頂き、その根が少しずつ各地に広がってまいりました。今後も地域に密着した工務店、設計事務所として、少しでも皆さんの力になれればと思っています。



・デザインについて

四季の草花や書画など、住む人のその時々の感性を表現してもらえるよう意識し、それらが埋もれてしまうような過剰なデザインだけは避けたいと思っています。一輪の花をも、くっきりと浮かび上がらせる、それが私の考える理想のデザインです。

年月を経るごとに魅力を増す家。一時の流行に惑わされない不変の価値観、美意識を大切にしたいと思っています。



・構造について

増築も含めて全棟、構造計算(許容応力度計算)で耐震等級3、もしくは2を確認して、安心の耐震性能を提供しています。新築においては全棟、設計・建設性能評価を申請し計4回の評価機関の現場検査を受けています。

また、手刻みの伝統軸組工法にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。




・展望

建築関連の法律が次々と改正や施行され、地場の工務店、設計事務所にとってはますますかじ取りが難しくなってきておりますが、そんな時だからこそ、横道建築企画では積極的に「長期優良住宅」や「住宅性能評価」などに取り組み、技術力、設計力を高め、皆様にに提案していきたいと思っています。


尚、横道建築企画の大工工事は下請けに頼ることなく、全て自社の責任施工・監理でおこなっております。


横道建築企画

公式サイト         長期優良住宅 住宅性能評価